吉沢あきこホームページ

トップ >akikonews >2020-02-22 上昌弘先生が登場

上昌弘先生が登場

2020-02-22

昨晩のNEWS23に、政策立案でお世話になっている上昌弘先生が登場されました。
先生曰く、保健所を通さず民間の検査会社を 活用すれば検査体制の拡充は可能である、と。
刻々と感染が拡大してゆく中 手続き論や前例主義やメンツなんぞに捉われている場合ではないと、誰もが思っています。
2週間前にお会いしたある医師は、 昨日、厚労省に呼ばれて意見を述べたが 結局聞きおくだけだった。いつもこうだ。と。
知人の医師はDMATとして客船の現場に入っています。
本当に頭が下がります。 現場の惨状を訴えた岩田医師のYouTubeは削除されましたが、現場は本当に最善の策が講じられているのか、甚だ疑問です。
国として頑なに一部の知見に頼るのではなく 柔軟に良案を聞き、機動力のある対策を 講じて頂きたいとつくづく思います。
私たち国民は不要不急の外出を避けつつ 手洗いうがいを徹底し、出来る限り からだと心を休めるよう心がけましょう。
体調が優れなかったら休む、という 当たり前の事をなおざりにせざるを得ない 日本社会の風潮を見直す機会でもあるかと。
自戒も込めて。
暦は今日から3連休。
皆さまくれぐれもご自愛下さいませ。

吉沢章子を囲む新春の集い

吉沢章子のオフィシャルブログ

吉沢章子事務所のFaceBook

ページのトップへ戻る