環境を考える | 政策提言

ホーム < 政策提言 < 環境を考える

川崎市議会定例会・委員会の質問を紹介しています。

地球環境と共に生きる。
そして、できることから一歩づつ、

この地球に生きる全ての命はつながっていること、
として私たちは地球に生かされていることを
一人一人が思い出し、行動することが
人類共通の責任として、今、求められています。
「エコ啓発運動」「省エネの見える化」「新エネルギーの推進」
「水の有効活用」「緑を守り 緑を増やす」「3R(リユース、リデュース、リサイクル)の推進」
「環境共生のルールづくり」などに取り組み
人類の一員として自らも行動していくことを エコ・アコ として
シンボルマークに表し、活動してゆきます。

▶▶▶ 地球は一つの生命体

環境を考える政策の実績と今後

実績 : 吉沢章子の今までの取り組み

地球温暖化対策

環境にやさしい災害に強いまちづくりについて 議会質問PDFダウンロード
地球温暖化対策について 議会質問PDFダウンロード
地球環境に配慮した環境対策の推進について 議会質問PDFダウンロード
CSR施策と環境配慮契約法について 議会質問PDFダウンロード 
地球環境配慮における都市のグランドデザインについて 議会質問PDFダウンロード 
水害対策等における本市のグランドデザインについて 議会質問PDFダウンロード 
環境教育について 議会質問PDFダウンロード 
有料化事業系ごみについて 議会質問PDFダウンロード 
多摩川プランについて 議会質問PDFダウンロード 
環境モデル地区の提案について (H22/3) 議会質問PDFダウンロード 

自己評価 :

今後 : 新たな取り組み

→建物の長寿命化の促進を図る新しい社会システムの構築
→身近な市民レベルの省エネ意識の養成・啓発活動の展開
→川崎の企業における技術を活用した新エネルギーの導入による二酸化炭素削減への取組み推進
→条例の整備
→子どもたちへの環境教育の促進と充実