吉沢あきこホームページ

 info@yoshizawa-akiko.jp

トップ >レポート>2015-11-21 子ども本部長・教育長に申し入れ

子ども本部長・教育長に申し入れ

2015-11-21

昨日は 議会運営委員会から始まり
多様で質の高い保育のために
認定保育園の方々と
子ども本部長へ申し入れ
その後、 児童生徒の深い学びのために
学校司書の方々と 教育長に申し入れ
いずれも 超党派で対話を続けさせて頂いているメンバー
公明党・花輪議員、民主党・織田議員、 自民党・吉沢の三名が同席させて頂きました。
子ども施策の主役はあくまでも子ども。
教育施策の主役はあくまでも児童生徒。
川崎の子ども達が 心身ともに健やかに育ち、
生きる力を身につけ、 自立した大人になる。
それが目的であり、 その大きなビジョンを実現するための
一貫性のある施策が必要なのは自明のはずですが…。
私達議員は「あるべき姿」を実現するために 常に現場の声を聞き、
それを政策として昇華し、提言するのが仕事です。
昨日も現場、行政、議会の三者による 真摯な議論の末、
今、可能な限りの道が拓けたと思っています。
超党派による真摯な政策議論
これぞ二元代表のあるべき姿ではないかと思います。
ご関係各位、ありがとうございました
花輪議員、織田議員 今後とも御指導下さいませ m(_ _)m
教育長、担当課長、学校司書の皆さん、花輪議員(公明党団長)織田議員(民主みらい団長)、
吉沢章子(自民党副団長) 会議の後に皆さんと
(^-^)/

吉澤あきこ事務所のFaceBook

ページのトップへ戻る