吉沢あきこホームページ

 info@yoshizawa-akiko.jp

トップ >レポート>2017-08-04 大規模災害への備え

大規模災害への備え

2017-08-04

大規模災害への備え。
政令指定都の連携は現場を救う!
自民党政令指定都市議会議員連盟
関東ブロック政策研究会@自民党本部。
川崎市からは、坂本茂市議、野田雅之副団長、斎藤伸志市議、吉沢が参加。
熊本市 政策局長 古庄氏に
「熊本地震に学ぶ 想定外を想定した対応」
横浜市 政策局大都市制度推進室長 橘田氏
「指定都市市長会の大規模災害時における権限委譲に対する取り組み」
それぞれご講演を頂き、質疑応答ののち
横浜市連 幹事長の横浜正人市議から
「大規模災害時の法制度に関する抜本的な見直しを求める意見書」について説明がありました。
通常の災害時は市が権限を持って対応に当たるのですが、大規模災害時の権限は県にあるという矛盾。
災害復興の大きな足かせとなっているのは
熊本市においても、仙台市においても
私の知る相馬市においても同じです。
法整備は、はるか昔
これぞ代謝更新が待った無しで必要です!
大規模災害こそ、現場の機動力が生命線。
9月議会を目途に、国に対し抜本的な見直しを求める意見書を上げることとし、
全国の政令指定都市と連携することで全員一致しました。
とても有意義な勉強会に参加させて頂き、
感謝です。
意見書、しっかり頑張ります。

関東ブロック政策研究会

吉澤あきこ事務所のFaceBook

ページのトップへ戻る